お盆とお彼岸について|千葉の霊園.com

資料請求リストに追加した霊園・墓地0

    現在リストに登録された霊園・墓地はありません。

×閉じる

お盆とお彼岸

お盆

「盂蘭盆会」(うらぼんえ)のことで略してお盆と言います。
お盆の行事は『盂蘭盆経』に説かれている目連尊者の話に由来します。目連はお釈迦様の弟子の中でも神通力一番と言われていました。ある時、目連はこの神通力を使って、母親の死後の世界を見たのです。すると、母親は餓鬼道に堕ちて飢えと渇きに苦しんでいるではないですか。そこで目連はお釈迦様にどうしたら救えるのかたずねました。お釈迦様は「お前の母親は生前、物惜しみして他人に布施をしなかった。代わりにお前が布施行をしなさい」と言われました。目連はお釈迦様の教えにしたがい、僧侶たちの夏の修行期間が終わった7月15日に多くの僧や貧困に苦しむ人達に飲食物などを施したのです。すると、その功徳によって母親は極楽住生がとげられました。それ以来(旧暦)7月15日は、父母や先祖に報恩感謝をささげ、供養をする重要な日になったのです。
現在、日本各地でおこなわれるお盆の行事は、各地の風習などが加わったり、宗派による違い(例・浄土真宗では霊魂が帰ってくるとは考えません)によって様々ですが、一般的に先祖の霊が帰ってくる期間だとされています。

月おくれ盆

今では8月15日を中心に、ひと月おくれの盆行事をするのが、もっとも盛んなようです。
これは、明治になって新暦が採用されると、7月15日では、当時国民の8割を占めてた農家の人たちにとって、もっとも忙しい時期と重なってしまい都合が悪かったからです。
それで、お盆をひと月遅らせ、ゆっくりとご先祖様の供養ができるようにしたわけです。
月おくれ盆にあわせて、毎年帰省ラッシュが騒がれるのはご存じのとおりです。

お盆の行事

迎え盆・送り盆

1) 先祖様の霊を迎える「精霊棚」を13日の朝につくります。

2)そして13日の夕方か夜に菩提寺とお墓に参り、先祖の霊を迎えます。これを「精霊迎え」ともいいます。この時に、霊が迷わず帰ってこられるように焚くのが「迎え火」です。
3)16日の「送り盆」の日に、お盆の間一緒にすごした祖先の霊を送りだすのが「精霊送り」です。この時には「送り火」を焚きます。

棚経

お盆の期間に、菩提寺の僧侶が棚経にまわられますので、お布施を用意しておきます。また、遠方から来ていただいた場合にはお車代として、往復のタクシー料金くらいの金額もお渡ししましょう。

新盆

あらぼん、にいぼんなど)
故人の四十九日の忌明けの後、初めて迎えるお盆をいいます。四十九日よりも前にお盆を迎えた場合には、その年ではなく翌年が新盆となります。普段のお盆よりも丁寧に営みたいものです。

新盆提灯・盆提灯

地域により違いますが、提灯の明かりで故人の霊が道に迷わないようにするために使われ、新盆には新盆提灯として白張りの提灯、そして親戚や縁者からのお供えには柄のついた提灯を用いることが多いようです。先祖の霊を乗せるための、なすやきゅうりで作った牛や馬もお供えします。精霊棚はお供え物をする棚で、特に決まったまつり方はありません。まこもむしろを敷き、その上に供物や蓮の葉、故人の好きな花、旬のものなどを飾ります。※ 浄土真宗では精霊棚は作りません。

盆踊り

最近では宗教的な色合いは薄れてきましたが、元来盆踊りは、戻ってきた精霊を慰め、送り出すために催されてきました。また、戻ってきた霊が供養のおかげで成仏できた喜びを踊りで表す、と伝えられている地方もあります。 私たちが、祖先に感謝し生きていることの喜びを表現するために踊ると考えてもよいでしょう。

お彼岸

お彼岸は「彼岸会(ひがんえ)」とも言い、春は3月21日頃の春分の日を挟んで前後3日間ずつ、秋は9月23日頃の秋分の日を挟んで前後3日間ずつのそれぞれ1週間のことをいいます。彼岸とは向こう岸を意味する言葉で、迷いの多い此岸(この世)に対して、仏の理想の世界である向こう岸、つまり悟りの世界や浄土のことを言います。日本では、その浄土に渡るために、善事を行い、先祖に思いを馳せ、供養を行う期間を彼岸と言うようになりました。仏教には西方浄土といって、西に極楽があるという考えがあり、春分の日、秋分の日とも、真東から出た太陽が、浄土があるとされる真西に沈む日であることから始まった日本独自の行事です。約1200年前に全国の国分寺の僧侶らが、春と秋の2回、7日間にわたり仏をたたえてお経をあげたと伝えられています。それから次第に、一般の人にもお彼岸が広まったとされます。仏教行事ですが、インドや中国にはありません。

お彼岸の供養

仏教では次の6つの修行を成しとげれば、彼岸つまり悟りの世界(極楽浄土と言ってもいいでしょう)に渡ることができると言われています。
「布施(ふせ)/他人へ施しをすること」
「自戒(じかい)/戒律をまもること」
「忍辱(にんにく)/不平不満を言わず耐え忍ぶこと」
「精進(しょうじん)/常に仏道を精進努力すること」
「禅定(ぜんじょう)/心を安定させること」
「智慧(ちえ)/真実を見抜く力を働かせること」
この6つの徳目は、六波羅蜜と言われ、仏教徒が実践すべき大切な教えとされています。

お彼岸の過ごし方

家庭では仏壇を掃除し、新しい花や季節のもの、おはぎ、彼岸団子等をお供えして供養をします。家族そろってお墓参りにも行きましょう。特に子どもをお墓参りに連れて行くことは、ご先祖さまを敬う気持ちを通して、人を大切にする気持ちを育てることにつながります。菩提寺があるならば、お寺で営まれる「彼岸会」に参加してみましょう。正式な法要に参加することは、供養の心を育てるだけでなく、伝統的な仏教文化に触れる機会でもあります。時間がない場合でも、本堂のご本尊へのお参りとご住職への挨拶は欠かさないようにしたいものです。

春のぼたもち・秋のおはぎ

「ぼたもち」と「おはぎ」は、お彼岸のお供えにはかかせないものです。両方とも、蒸した餅米とアンコの同じ素材でつくられる食べ物ですが、季節の花になぞらえて、春の彼岸にお供えするのが牡丹餅で、秋にお供えする場合はお萩と言います。ですから、季節感も一緒に味わいながら牡丹餅やお萩をいただきましょう。